陸昌の沿革

陸昌化工株式会社は台湾では最大の酸化亜鉛のメーカーです。1979年から当社独特の湿式法とフランス生産法はおもに、酸化亜鉛、酸化銅、など生産します。世界中でゴムの加硫促進助剤、顔料、印刷インキ、フェライト、塗料、医薬品、バリスター等として提供してます。



1979-2006.jpg
  1979.gif
  台湾の幼獅工業区に成立し。塩化亜鉛の生産を開始。
  1981.gif
  台湾初の壮挙、活性酸化亜鉛の生産技術開発に成功。
  1985.gif
  透明酸化亜鉛の生産を開始。フランスで酸化亜鉛の生産ラインを設立。
  1993.gif
  広州で連携工場を設立、酸化亜鉛を生産。
  1995.gif
  酸化銅の生産開始。
  1996.gif
  TUV DIN EN ISO 9002 認証を取得。
  1999.gif
  中国の昆山市蓬朗で工場を設立。
  2001.gif
  中国の昆山市千燈で工場を設立。
  2002.gif
  TUV DIN EN ISO 9001:2000認証を取得。
東莞市陸順でゴム工場を設立。
  2003.gif
  台湾で新しい本部ビルが建てた。
  2008.jpg
  陸昌の製品は欧州連合のREACH登録を申請、取得。
  2010.gif
  江蘇市海門で工場を設立。
  2011.gif
  陸昌の青年工場はIECQ QC 080000の電気・電子部品及び製品の有害物質プロセスマネジメントシステム要求事項(HSPM)及び有害物質非含有(HSF)認証を取得。
  2012.gif
  ISO-9001:2008改正版に対応し、認証取得。
  2013.gif
  IECQ QC 080000:2012改正にに対応し、認証取得。
  2014.gif
  2014酸化亜鉛と酸化銅の新しい生産ラインを設立。
  2014.gif
  ベトナムは、ベトナムに工場を設定します。
  2014.gif
  ISO9001:2015改正の取得する。